• 三橋美穂

【入浴に関する意識調査】免疫が上がりにくい入浴をしている人は約5割

「入浴に関する全国47都道府県別意識調査」の結果が興味深いので紹介します。


リンナイ調べ


免疫が上がりやすい入浴法


【調査概要】

調査時期 :2020年10月4日~10月6日

調査方法 :インターネット調査

調査対象 :20~60代 男女 計2,350人(各都道府県50人ずつ)

調査エリア :全国47都道府県



<主な調査結果>

  • 免疫が上がりにくい入浴をしてしまっている方は約5割

  • 免疫が上がりにくい入浴をしてしまっているのは「沖縄県」

  • 上がりやすい入浴ができているのは「千葉県」「栃木県」

  • 免疫の上がりにくい42℃以上の入浴をしている人は約3割いることが判明

  • 毎日浴槽に浸かる人が日本一多いのは「宮城県」、シャワー派が多いのは「沖縄県」

  • 日本一入浴温度の高い熱風呂県は「鳥取県」、温度が低いのは「宮崎県」

  • コロナ禍でストレスが増えた方は過半数

  • 入浴がストレス解消につながっていると答えた方が最も多いのは「東京都」

  • 冷え性に悩んでいる方が多いのは「東京都」「群馬県」「宮城県」

  • 温泉が好きだと答えた方は約7割、日本一温泉好きが多いのは「熊本県」


入浴時間の長い都道府県・短い都道府県

上記は浴室にいる時間ではなく「浴槽に浸かっている時間」を答えています。

茨城県の人は長いですね!



入浴は浴槽?シャワー?

毎日浴槽に浸かる人が、思いのほか少なくてびっくり。

4分の1の人はシャワーのみなんですね。

(私は朝晩2回、浴槽に浸かっています)



冷えに悩んでいる人は3分の1

私は超冷え性なので、7.4%の「とても悩んでいる人」に入ります。

3分の1は「まったく悩んでいない」とは羨ましいです。

女性だけに限定すると、比率が変わるのでしょうね。



入浴法は「温度」や「浸かっている時間」がクローズアップされますが、一番のポイントは「額にうっすら汗をかくまで入る」ことだと思っています。これはある程度、体温が上がった証拠。それによって細胞が活性化します。



超冷え性の私は湯温を43℃まで上げないと、汗をかきません。かなりイレギュラーなケースだと思いますが、冷え性の人は少し湯温を高めにした方がいいと思います。参考にしてみてください。


24回の閲覧0件のコメント

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter