• 三橋美穂

【調査】自粛期間に睡眠が不規則になって肌荒れに

最終更新: 6月3日




マーケティングリサーチ会社のアスマーク社による調査報告を紹介します。

※首都圏(一都三県)在住の方500サンプル

※2020/5/26(火)夜~5/27(水)朝にかけての回答データ



これを見ると自粛期間中に太った人や、筋力が落ちた人が多く、男性よりも女性の方が顕著に現れています。皆さんはいかがですか?



女性は「睡眠が不規則になった」と答えている人が若年層ほど多く、それに相関するように「肌が荒れた」と感じる人が多い結果でした。



睡眠が不規則になると体内時計が乱れるので、体の中が時差ボケ状態になってしまいます。



<時差ボケの時に起こること>

・体がだるい

・昼間ねむい

・頭が重い、ぼんやり

・胃腸の調子が悪い

・夜ねむれない



つまり睡眠が浅くなり(睡眠の質が低下)、その結果睡眠不足になってしまうのです。睡眠が浅いと成長ホルモンの分泌量が減るので、肌荒れに直結するため、当然の結果といえます。



また、睡眠不足になると食欲を増進するホルモン「グレリン」分泌が増え、食欲を抑制するホルモン「レプチン」が抑制されることがわかっています。つまり食欲がわいて、それを抑えることができず、食べ過ぎてしまうのです。しかも在宅勤務中なら、食べ物はすぐそこに…。太るわけですね。



まず、起床時刻を一定に保つことから始めましょう。夜型は睡眠が浅くなるので、朝7時までに起きることを心がけてみてください。さらに睡眠の質を高めるために、午前中に太陽光を30分以上浴びることも大切です。



当たり前のことを、当たり前にすることが、睡眠の質を高める秘訣です。


32回の閲覧

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter