• 三橋美穂

重いチェーン入りブランケットで不眠が改善



(ラーゴム・ジャパン株式会社のプレスリリースより)


重いチェーン入りブランケットでうつやAD/HD等を抱える方の不眠が78%改善


カロリンスカ医科大学(スウェーデン)附属病院の感情障害外来クリニックのエークホルム・ボーディル作業療法士と臨床神経科学を専門とするマッツ・アドラー医師らの研究グループによって、重り付きチェーンブランケットは重度のうつや双極性障害、全般性不安障害(GAD)、注意欠如・多動症(AD/HD)のある患者の不眠に対して効果的かつ安全であり、また日中の症状や活動レベルも改善することが発表されました。本研究は2020年9月15日発行の"the Journal of Clinical Sleep Medicine"に掲載されました。



■研究背景

多くの精神疾患は不眠症を伴い、双極性障害では70%、うつや不安を抱える成人の60%に不眠症を認めるとされています。また、AD/HDの患者では不眠症の有病率は6%から80%と推定され、認知機能障害や倦怠感、感情面の症状の原因の一因となっています。全般性不安障害の主症状として不眠症は存在し、患者の60%から70%にみられます。現在の不眠症の主な治療は認知行動療法と薬物治療ですが、約40%の不眠症患者には十分効果がみられていません。

そこで、不眠症に対する追加の治療としてチェーンブランケットは作業療法士により、睡眠障害や不安の対策に使われてきました。しかし、不眠症にチェーンブランケットが効果的であるという科学的根拠はこれまでほとんどありませんでした。そこで、不眠症にチェーンブランケットの効果を科学的に証明する為にこの研究は行われました。



■対象者

重度のうつや双極性障害、全般性不安障害(GAD)、注意欠如・多動症(AD/HD)の診断(複数の診断を含む)を受けていて不眠症状がある18歳から77歳までの男女120人。



■比較方法

120人をランダムに2つのグループに分け、4週間の比較研究を行いました。1つは、金属製チェーンが入ったブランケット(重量8kgまたは6kg)を利用したグループ、もう1つはプラスチック製のチェーンが入ったブランケット(重量1,535g)を利用したグループです。



■評価方法

主要評価項目はInsomnia Severity Index:ISI(不眠重症度指数:不眠の治療反応を評価するための精神測定指標)とされ、そのほかにもFatigue Symptom Inventory(倦怠感の評価指標)やHospital Anxiety and Depression Scale(不安とうつ病のレベルを決定するため尺度)を評価しました。



■結果

金属製チェーンが入ったブランケットを使用したグループ(64人)は、第1週目に統計的に有意なISIの改善を示し(4週間でISIの中央値は21.7点→9.2点)、比較研究後の1年間を通じて改善を示しました。コントロールグループ(56人)は最初の2週間は、わずかにISIの改善がみられたが、3週から4週の間にISIの点数低下を認めました。(4週間でISIの中央値は21.2点→18.8点)。4週間後、比較研究が終了し、コントロールグループも重いチェーンブランケットに切り替えてからはISIの改善がみられました。12ヶ月間の非比較段階では、ほとんど全ての被験者で有意にISIの改善を認め、最終的な被験者(112人)の78%でISIの点数が睡眠障害として分類されない段階(8点未満)まで低下を認めました。



78%が改善とはすごい結果ですね!



重いブランケットはアメリカでヒットしていると数年前から話題で、私も2~3年前に試したことがあります。重い布団が苦手な私は、きっと苦痛だろうと思っていましたが、実際に掛けてみたら布団とは圧のかかり方が違って安心感があり、朝までぐっすり眠ることができました。



多忙な毎日の中、私たちの思考や感情はいつも騒がしく、肉体もふわふわ落ち着きがない状態です。重いブランケットを掛けることで、肉体がグラウディング(地に足をつける)できるため、気持ちが落ち着きリラックスできるのではないかと思いました。あくまでも、私のイメージですが。ブランケットの重さは、体重の8~12%程度がよいそうです。



ニトリの重い毛布も人気で、重さは5.5㎏。こちらはガラスビーズで重さを出しています。



持つとズッシリと重く、カバーを変えたり移動させるのが大変なので、私は普段使いませんが、不安感が強かったり、ストレスで不眠に悩んでいる人は試してみる価値があると思います。ラーゴム・ジャパンでは、有料レンタルもしているので試しやすいですね。



 ≫ ラーゴム・ジャパン楽天市場店 チェーンブランケット


Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter