​眠りの悩み別 快眠アドバイス

眠りが浅い

夜中に何度も目ざめる

お酒、カフェイン、タバコは睡眠を浅くします。

パートナーや子どもの動きで、目を覚ますことも。

アルコールは血行を促進するので、リラックスして眠りやすくなる半面、利尿作用があるので途中でトイレに起きて、目が覚めてしまいます。

また、深い睡眠が減り、脳が十分休まらないばかりか、レム睡眠も減るので記憶の整理もできません。

さらに、アルコールは筋肉を弛緩させるので、イビキをかきやすくなります。すると体内に酸素を取り込む量が減るので、疲れが十分取れません。

お酒がないと眠れない、いわゆる睡眠薬代わりにお酒を飲んでいると、次第に量が増えていくのも問題です。

タバコやカフェインも睡眠を浅くする嗜好品です。 タバコの覚醒作用は2時間以上、 カフェインの覚醒作用は4~7時間ほど続きます。

寝返りが自由に打てないと睡眠が浅くなり、何度も目が覚めてしまいます。 パートナーや子供だけでなくペットも同様です。

夜中にトイレに起きた時に、廊下やトイレの照明を明るくつけてしまうと、光の刺激で再入眠しにくくなります。フットライトや懐中電灯などで、強い光刺激を受けないようにしましょう。

強いストレスを感じている時も、睡眠は浅くなります。 気分転換を図ったり、呼吸法で気持ちを落ち着かせましょう。

また、寝つきが悪いと睡眠が浅くなり、途中で目が覚めやすくなります。「寝つきがわるい」のアドバイスも参考にしてください。

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter