​眠りの悩み別 快眠アドバイス

寝ても​疲れが

とれない

合わない寝具や、部屋着で寝ていることが原因かも。

大きなイビキをかいていたら要注意!

敷き寝具のお尻の部分がへたっていないか、チェックしてみましょう。 他の部分と比べて凹んでいたら、敷き寝具が合わないために、睡眠時の姿勢が適切に保てず、疲れが取れていない可能性があります。

体がリラックスできなくて、どこか力が入った状態のため、血液やリンパの流れが妨げられているのです。 合わない枕も同様です。

一般的な敷布団の寿命は3~5年、マットレスは7~10年が目安です。

部屋着で寝ている人も多いと思いますが、 部屋着は生地が厚く、縫い目がゴワゴワしているので、寝ている間の肌の刺激になります。

 

睡眠中には20~30回寝返りをするので、生地の摩擦が大きいと体に余分な力が入ってしまい、十分に疲れが取れません。「パジャマに変えただけで、朝の目覚めがスッキリして驚いた」という感想は、よく耳にします。

また、睡眠時間が短すぎると疲れが取れません。睡眠時間は人それぞれですが、多くの人のベストな睡眠時間は7時間前後です。できるだけ睡眠時間を確保できるように、心がけてみてください。

睡眠時間を取っているのに、ひどいイビキをかいていると、疲れは取れません。 血液中の酸素が減少して、脳は十分に休むことができないからです。とくにに呼吸が止まるような場合は治療が必要です。

日中の集中力が途切れがちなので、ミスや事故が起こりやすくなります。さらに、高血圧や糖尿病、脳卒中のリスクが高くなることが分かっています。 早めに専門医を受診して、適切な治療を行いましょう。

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter