​眠りの悩み別 快眠アドバイス

朝なかなか

​起きられない

体内時計の乱れや、体の冷えが影響しているかも。

遮光しすぎるのも起きにくい原因になります。

起床時刻が定まっていると、その時刻に向けて体温やホルモンが調整されるのですっきり目覚めることができます。

 

その逆で、不規則な生活や週末の朝寝坊が習慣化していると、体内時計が乱れて朝の目覚めが悪くなります。休日も平日と同じ時刻に起きるようにしましょう。

二度寝も体内時計を乱すので、目覚まし時計のスヌーズはNG。時計が枕元にあると二度寝しやすいので、できるだけ遠くに置くのが1回で起きる秘訣。立ち上がって大きな筋肉に力が入ると、交感神経が刺激されて目がさめます。

また、体が冷えていると睡眠が浅くなって、朝の目覚めが悪くなります。腹巻やレッグウォーマーで体を保温したり、 運動で筋肉をつけて冷えを改善しましょう。

遮光カーテンは ぐっすり眠れていいのですが、使い方を間違えると、朝の寝起きが悪くなります。 顔から遠いところを5cmぐらい開けておくと、日の出とともに徐々に光を感じられるので、目覚めやすくなります。

睡眠時間が短すぎたり、睡眠が浅ければ、当然目覚めは悪くなります。

睡眠時間は人それぞれですが、多くの人のベストな睡眠時間は7時間前後です。できるだけ睡眠時間を確保して、爽やかな朝を迎えましょう。

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter