​眠りの悩み別 快眠アドバイス

マットレスの​選び方

がわからない

あお向け、横向き、寝返りのしやすさと、

15分間横になって違和感がないかチェックしましょう。

マットレス選びは、あお向け、横向き、寝返りのしやすさを確認するのが基本です。

1. あお向け・・・腰が浮かない、お尻が沈まない
2. 横向き・・・枕をした状態で、肩や腰の圧迫感がない
3. 寝返り・・・力がスムーズに伝わる

とくに寝返りのしやすさは大切で、睡眠中の血行を促進したり、筋肉のコリをほぐし、寝床内の温湿度を適切に保つ役割があります。

一般的には、筋肉質でガッチリ体型の人にはやや硬めのマットレスが、筋肉が少なくやわらかい体の人にはやや柔らかめのマットレスがフィットします。これまで使ってきた敷き寝具の硬さも加味しながら、選んでみてください。

枕の高さによってお尻の沈み方が変わるので、総合的にアドバイスをしてくれる人なら安心できます。

スプリングマットレスの構造としては、点で支える独立型のポケットコイルと、面で支える連結型のボンネルコイルに大きく分かれます。ポケットコイルの方が体の凹凸にフィットしやすいので、現在の主流になっています。

マットレスの寝心地は、ポケットコイルの質(線径やコイルの大きさなど)と、その上に乗せる「詰め物」と呼ばれる層の組み合わせ方と、側生地の質で決まります。気をつけたいのは、詰め物の厚み。この部分が経年劣化でへたりやすいので、詰め物は薄いほうがマットレスは長持ちします。

スプリングマットレス以外にも、ウレタン系、ジェル系、天然ゴム系(ラテックス)などがあります。

もうひとつ気をつけたいのは、マットレスの上にはベッドパッドを敷くということ。ベッドパッドは、夏は麻、春と秋は綿、冬はウールなど、季節によって使い分けると快適に眠れます。気になったマットレスには、できればベッドパッドを敷いた状態で寝かせてもらいましょう。


そして、15分間横になって立ち上がったときに、背中や腰に違和感がないかどうか確認しましょう。マットレスを試す時は、パジャマに近い服装でいくのがおすすめです。


厚手のタートルネックセーターや、スーツなどはさけ、リラックスできる服装で行って、ベストなものを選びましょう。

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter