アクエリアス時代の新しい眠り(コラム)

【記事一覧】

*外部ブログ『note』へリンクします​​

143. “必要十分”でシンプルな暮らし

142. 新しい時代を私らしく生きる

141. 健全にお金が循環する社会

140. 言葉で自分にエネルギーを与える

139. 睡眠は夢につながっている

138. 地球上のあらゆる命と人間の共生社会

137. 世界は一つの共同体

136. 明るい未来、不眠は過去へ
135. 睡眠時間とパフォーマンス
134. S.O.P.(Save Our Planet)
133. 絶対的な愛
132. 対立・分断から、統合・共生へ
131. 睡眠で貢献する地球温暖化対策
130. 病気になったら寝て治す

129. 70億の人々への思いやり
128. 新しい家族の形 ~血統から霊統へ
127. 夏の快眠法 ~温熱環境は6要素で決まる!~

126. 新時代はグループワーク!
125.自己に誠実に生きる
124. 睡眠で意志を育む
123. 外なる音を遮って、内なる音に耳を澄ます
122. 多様性を受け入れる
121. 静かに自分と対峙する
120. ハートを開いて分かち合う
119. グループワークの時代
118. 眠ることを選択する
117. アルコールを減らして睡眠改善
116. 精神的な豊かさを体験する
115. 人はなぜネガティブな夢を見るのか
114. 「やらない」をやるに価値がある
113. 静かな音楽でゆったり深~く眠りにつく
112. 2つの意識を意識する
111. 問題解決の思考から、新しい可能性の時代へ
110. アクエリアス時代は “希望”の時代
109. 静のリラックス、動のリラックス
108. キャンドルの炎が心を静める
107. 幸せな睡眠は“祝福”
106. “秋バテ”を防ぐ眠り方
105. 新時代の経済の始まり~シェアリング・エコノミー~
104. “睡眠負債”は “うお座の負債”
103. すべての人に豊かな夜時間を
102. 頭皮をほぐして快眠を
101. ただ“在る”ことに価値がある世界
100. 寝床は眠りに集中する場
99. 創作した人生を生きる
98. 分かち合いが世界を変える
97. スリープ・レボリューション
96. ハートから言葉する
95. “今”に集中して、充実した一日を
94. 個性が尊重される新しい社会を
93. 本物を見分ける目をもつ
92. ぐずる赤ちゃんを寝かしつける方法
91. 世界が変わると、眠りも変わる(その2)
90. 旅先でもぐっすり!ホテルで快適に眠る方法
89. 世界が変わると、眠りも変わる
88. 絵本のチカラで癒しを
87. 寝室のヒートショックに注意!
86. ぐっすり眠って、前進しよう
85. たった10分で寝かしつけ!魔法のぐっすり絵本
84. シニア世代の陥りがちな不眠の原因
83. ぐっすり眠れる人は、認知症にならない
82. 枕とマットレスは一緒に選ぶ
81. 一人ひとりの行動が新時代をつくる
80. スッキリした空間で快眠を
79. 最適な睡眠時間を知る方法
78. 一人ひとりの存在が、世界に影響を与える
77. ダニ対策は、乾燥・吸引・洗濯!
76. 森を見てから、木を見て行動する
75. 願いを叶える近道は睡眠
74. パフォーマンスを高める ボディクロック活用法
73. 不規則な生活には“アンカースリープ”を
72. 自分で睡眠の舵を取る
71. 自分にピッタリ合う枕に出会う
70. 自分自身にゆとりを与える
69. 夏寝具とエアコン設定法
68. うお座からアクエリアスの時代へ
67. 寝る前1分!究極の快眠ストレッチ
66. 睡眠は認知症予防の特効薬
65. 正解は自分が決める
64. 時間があって眠れない、時間がなくて眠らない
63. 頭の中に静けさを
62. “幸感力”を高める眠り方
61. 関取の布団、子どもの枕
60. 羽毛布団はパワーで選ぶ
59. 言葉のパワーで眠る
58. 快眠できるカラーコーディネート術
57. “セロトニン”と“メラトニン”の親密な関係
56. プラ寝タリウムで快眠
55. “やるコト”を整理して睡眠時間をとる
54. CO2削減に早寝早起き
53. エネルギーを自分に戻す
52. もっと眠りましょう!
51. いろいろな眠り方
50. 社会構造の変革から快眠へ
49. 熟睡感を高める体づくり
48. 眠ることを楽しみに一日を過ごす
47. シルクのやさしさに包まれて眠る
46. 外側の活動から、存在へ ~老齢の可能性~
45. 気圧・血圧・睡眠の関係性
44. 節電しながらぐっすり眠る、夏の快眠法
43. 体内時計を暮らしに活かす
42. 睡眠中に首をいたわる
41. 時代にマッチした、あなたらしい眠りを
40. ハートを表現する時代
39. 眼を癒してぐっすり眠る
38. お金の流れが眠りを変える
37. 存在を意識する
36. 日々の意識に意識を向ける
35. 名曲誕生の背景にあるセオソフィア
34. 分離から統合の時代へ
33. 陰陽タイプ別の快眠法
32. 「安眠」から「快眠」へ
31. 成長のための睡眠
30. 内的行動としての睡眠
29. エネルギー革命=意識の革命
28. ポジティブシンキングの罠
27. フードシステムからの脱却
26. 新しい時代が始まっている
25. 自立と睡眠
24. ワールドシフト
23. 快適昼寝のコツ
22. 時間にブレイクスルーを起こす
21. 輝く星を眺めましょう
20. 眠るよろこびが世界を変える
19. 短時間睡眠について考える
18. ありのままを受け入れる
17. 価値観にパラダイムシフトが起きる時代
16. 見えないところを片づける
15. 部屋を片づける
14. まっすぐに眠る
13. 眠りは器を大きくする
12 .眠っている間の裏側の活動
11. 意識が拡大する眠り
10. 目覚めるための眠り
9. 宇宙の知恵を引き出す眠り
8. 今あることに満足がある
7. 相反するふたつのバランスを考える
6. 眠りとエネルギーの法則(その2)
5. 眠りとエネルギーの法則
4. 本質へアクセスする
3. 若者から見えてくる、新しい時代
2. 静かな時間をもつ
1. 眠っている自分に価値を見いだす

アクエリアスの時代とは

今、世界で起こっている様々なことや、人々の価値観の大きな変化に、時代の移り変わりを感じている人は多いのではないでしょうか。

地球は過去2000年ほど続いた、うお座(パイシス)星団のエネルギーを受けていた時代から、みずがめ座(アクエリアス)星団の影響下へと、エネルギーの質が大きく変化していることと関係があります。

うお座・エネルギーの特徴

・個を育てる(分離、競争)
・強いリーダーに他が従う

 ピラミッド型構造
・物質的な豊かさを求める

アクエリアス・エネルギーの特徴

・自他がひとつである(統合、共生)
・一人ひとりの個性を発揮する

 グループワーク型構造
・精神的な豊かさが歓びに

アクエリアスの時代、人間の進化のプロセス、地球上のエネルギーシステムについて知りましょう! 自分が向かう方向が定まると、生きるパワーが湧いてきます。

このコーナーでは、Esoteric Science(※)をベースに、眠りを通して見えてきた新しい時代の情報と気づきのコラムをお届けします。

 

※「Esoteric Science」とは、私たちが既に知っている現代科学(見える科学)を成り立たせているもう一つの側面の科学のこと。


メールマガジンで発行したものを、こちらに転載しています。
ぜひご登録ください。

【無料】メールマガジン(毎月1日発行)​※配信は「まぐまぐ」
三橋美穂がお届けする、新時代の「生きるヒント」と「眠りのヒント」

143. “必要十分”でシンプルな暮らし

(2020/10/01)

先日、以前お会いしたことがある美容ライターの方から、オンライン取材を受けました。およそ15年ぶりだったので、覚えているか自信がありませんでしたが、モニター越しの彼女を見たら、懐かしい気持ちになりました。


取材は、まずコロナ禍での睡眠の変化についてや、睡眠によって得られるメリットを免疫、美肌、ダイエット、パフォーマンスの観点からエビデンスを交えてお話ししていきました。


30~40代女性の睡眠負債に関する質問には、厚生労働省が平成30年に実施した調査結果を示して、30代では35%、40代では46%が6時間足らずの睡眠しか取れていない実情を伝えました。


女性で最も睡眠時間が短いのは50代で、半数以上の54%が6時間未満と回答しています。10年前の最短は40代女性だったので、同じ人たちがスライドしていることになります。


現在の50代は、実はバブル世代。
私の仮説は「バブル世代の女性は眠らない」です。
冗談半分本気半分で話しながら、彼女も妙に納得したようでした。外側に快楽を求め、眠るのがもったいないという意識の女性が多いのが特徴です。


30代女性の睡眠負債が少ないのは、仕事よりもプライベートを重視する「ゆとり世代」のため、男性も家事や育児に協力するのが当たり前という意識が強いからだと思います。


6時間睡眠でも殆どの人にとっては不足していて、日本人は総じて睡眠負債を溜めています。それは子どもも同様で、中学生でも8~10時間の睡眠が必要だと話したら、彼女はとても驚いて、

「学校の宿題や塾、習い事があるから、そんなに睡眠時間をとることは絶対にムリですね…」

という諦めの言葉と、深いため息が出てきました。
そして私が答えたのは、こうでした。


「確かに今までの価値観の延長線上で生きていくとしたら、8時間の睡眠をとるのは難しいと思います。勉強も習い事も可能な限りやって、いろいろな能力を身につけていかないといけないですよね。競争社会の中で勝ち残っていくためには。

でも、これから先の地球環境のことを考えると、モノは必要十分になっていき、モノの消費に依存しなくても人々が困窮せずに暮らせる、新しい経済システムを作っていく必要があると思うんです。

そうしたら、人々に時間のゆとりが生まれて、必要十分な睡眠がとれるようになっていくし、私はそういう未来を作りたいです」


この言葉がとても印象的だったと、彼女から後にもらったメールにありました。

「最初から最後までとても有意義な取材で、15年ぶりでしたが、全然お変わりなくイキイキされていて、感動してしまいました」

と、うれしい言葉をいただきました。


これまでは、知識が多いことがよしとされる詰め込み型の教育だったので、「知らない=ダメなこと」という意識が、私たちには刷り込まれています。過去の延長線上の予測できる未来には安心感がありますが、初めて体験する未来(変化)には不安を感じるものです。


これから起きるであろう社会の変化を意図し、受け入れる準備ができている人が一人でも増えることが、社会を動かす原動力になると信じ、これからも機会があれば伝えていこうと思います。

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter