アクエリアス時代の新しい眠り(コラム)

アクエリアス時代の新しい眠り

【記事一覧】​​

165. 睡眠に対する意識=生への意識

​164. 夜間熱中症に注意!熱帯夜の睡眠法

163. 新しい生の始まり​​

162. 睡眠が乱れたときは…

161. 睡眠のバロメータは日中にあり

160. 価値観の再編

159. 人とつながる、自然とつながる

158. 創作した自分として存在する​

157. 窓の断熱で健康と快眠を

156. つながりの世界

​155. 「リベンジ夜更かし」でリベンジはできない

154. コロナ禍で顕現する地域の連帯

153. 夜の遊興業界にも健康を

152. 自然と和解するための行動リスト

151. 環境負荷を減らすマットレスの選び方

150. オーガニック・スリープ

​149. 世界を動かすハチドリの一滴

148. 想いをつなぐ、想いを馳せる

147. SDGsで睡眠が変わる

​146. 内なる歓び-JOY-

145. 取り組んでいる自分に価値がある

144. 一人ひとりの意識と行動が世界を変える

143. “必要十分”でシンプルな暮らし

142. 新しい時代を私らしく生きる

141. 健全にお金が循環する社会

140. 言葉で自分にエネルギーを与える

139. 睡眠は夢につながっている

138. 地球上のあらゆる命と人間の共生社会

137. 世界は一つの共同体

136. 明るい未来、不眠は過去へ
135. 睡眠時間とパフォーマンス
134. S.O.P.(Save Our Planet)
133. 絶対的な愛
132. 対立・分断から、統合・共生へ
131. 睡眠で貢献する地球温暖化対策
130. 病気になったら寝て治す

129. 70億の人々への思いやり
128. 新しい家族の形 ~血統から霊統へ
127. 夏の快眠法 ~温熱環境は6要素で決まる!~

126. 新時代はグループワーク!
125.自己に誠実に生きる
124. 睡眠で意志を育む
123. 外なる音を遮って、内なる音に耳を澄ます
122. 多様性を受け入れる
121. 静かに自分と対峙する
120. ハートを開いて分かち合う
119. グループワークの時代
118. 眠ることを選択する
117. アルコールを減らして睡眠改善
116. 精神的な豊かさを体験する
115. 人はなぜネガティブな夢を見るのか
114. 「やらない」をやるに価値がある
113. 静かな音楽でゆったり深~く眠りにつく
112. 2つの意識を意識する
111. 問題解決の思考から、新しい可能性の時代へ
110. アクエリアス時代は “希望”の時代
109. 静のリラックス、動のリラックス
108. キャンドルの炎が心を静める
107. 幸せな睡眠は“祝福”
106. “秋バテ”を防ぐ眠り方
105. 新時代の経済の始まり~シェアリング・エコノミー~
104. “睡眠負債”は “うお座の負債”
103. すべての人に豊かな夜時間を
102. 頭皮をほぐして快眠を
101. ただ“在る”ことに価値がある世界
100. 寝床は眠りに集中する場
99. 創作した人生を生きる
98. 分かち合いが世界を変える
97. スリープ・レボリューション
96. ハートから言葉する
95. “今”に集中して、充実した一日を
94. 個性が尊重される新しい社会を
93. 本物を見分ける目をもつ
92. ぐずる赤ちゃんを寝かしつける方法
91. 世界が変わると、眠りも変わる(その2)
90. 旅先でもぐっすり!ホテルで快適に眠る方法
89. 世界が変わると、眠りも変わる
88. 絵本のチカラで癒しを
87. 寝室のヒートショックに注意!
86. ぐっすり眠って、前進しよう
85. たった10分で寝かしつけ!魔法のぐっすり絵本
84. シニア世代の陥りがちな不眠の原因
83. ぐっすり眠れる人は認知症にならない
82. 枕とマットレスは一緒に選ぶ
81. 一人ひとりの行動が新時代をつくる
80. スッキリした空間で快眠を
79. 最適な睡眠時間を知る方法
78. 一人ひとりの存在が、世界に影響を与える
77. ダニ対策は、乾燥・吸引・洗濯!
76. 森を見てから、木を見て行動する
75. 願いを叶える近道は睡眠
74. パフォーマンスを高める ボディクロック活用法
73. 不規則な生活には“アンカースリープ”を
72. 自分で睡眠の舵を取る
71. 自分にピッタリ合う枕に出会う
70. 自分自身にゆとりを与える
69. 夏寝具とエアコン設定法
68. うお座からアクエリアスの時代へ
67. 寝る前1分!究極の快眠ストレッチ
66. 睡眠は認知症予防の特効薬
65. 正解は自分が決める
64. 時間があって眠れない、時間がなくて眠らない
63. 頭の中に静けさを
62. “幸感力”を高める眠り方
61. 関取の布団、子どもの枕
60. 羽毛布団はパワーで選ぶ
59. 言葉のパワーで眠る
58. 快眠できるカラーコーディネート術
57. “セロトニン”と“メラトニン”の親密な関係
56. プラ寝タリウムで快眠
55. “やるコト”を整理して睡眠時間をとる
54. CO2削減に早寝早起き
53. エネルギーを自分に戻す
52. もっと眠りましょう!
51. いろいろな眠り方
50. 社会構造の変革から快眠へ
49. 熟睡感を高める体づくり
48. 眠ることを楽しみに一日を過ごす
47. シルクのやさしさに包まれて眠る
46. 外側の活動から、存在へ ~老齢の可能性~
45. 気圧・血圧・睡眠の関係性
44. 節電しながらぐっすり眠る、夏の快眠法
43. 体内時計を暮らしに活かす
42. 睡眠中に首をいたわる
41. 時代にマッチした、あなたらしい眠りを
40. ハートを表現する時代
39. 眼を癒してぐっすり眠る
38. お金の流れが眠りを変える
37. 存在を意識する
36. 日々の意識に意識を向ける
35. 名曲誕生の背景にあるセオソフィア
34. 分離から統合の時代へ
33. 陰陽タイプ別の快眠法
32. 「安眠」から「快眠」へ
31. 成長のための睡眠
30. 内的行動としての睡眠
29. エネルギー革命=意識の革命
28. ポジティブシンキングの罠
27. フードシステムからの脱却
26. 新しい時代が始まっている
25. 自立と睡眠
24. ワールドシフト
23. 快適昼寝のコツ
22. 時間にブレイクスルーを起こす
21. 輝く星を眺めましょう
20. 眠るよろこびが世界を変える
19. 短時間睡眠について考える
18. ありのままを受け入れる
17. 価値観にパラダイムシフトが起きる時代
16. 見えないところを片づける
15. 部屋を片づける
14. まっすぐに眠る
13. 眠りは器を大きくする
12 .眠っている間の裏側の活動
11. 意識が拡大する眠り
10. 目覚めるための眠り
9. 宇宙の知恵を引き出す眠り
8. 今あることに満足がある
7. 相反するふたつのバランスを考える
6. 眠りとエネルギーの法則(その2)
5. 眠りとエネルギーの法則
4. 本質へアクセスする
3. 若者から見えてくる、新しい時代
2. 静かな時間をもつ
1. 眠っている自分に価値を見いだす

アクエリアスの時代とは

今、世界で起こっている様々なことや、人々の価値観の大きな変化に、時代の移り変わりを感じている人は多いのではないでしょうか。

地球は過去2000年ほど続いた、うお座(パイシス)星団のエネルギーを受けていた時代から、みずがめ座(アクエリアス)星団の影響下へと、エネルギーの質が大きく変化していることと関係があります。

パイシス・エネルギーの特徴

  • 個を育てる(分離、競争)

  • 強いリーダーに他が従うピラミッド型構造」

  • 物質的な豊かさを求める

アクエリアス・エネルギーの特徴

  • 自他がひとつである(統合、共生)

  • 一人ひとりの個性を発揮するグループワーク型構造」

  • 精神的な豊かさが歓びに

※個人的な誕生月のことではありません。地球全体に影響していることです。

アクエリアスの時代、人間の進化のプロセス、地球上のエネルギーシステムについて知りましょう! 自分が向かう方向が定まると、生きるパワーが湧いてきます。

このコーナーでは、Esoteric Science(※)をベースに、眠りを通して見えてきた新しい時代の情報と気づきのコラムをお届けします。

 

※「Esoteric Science」とは、私たちが既に知っている現代科学(見える科学)を成り立たせているもう一つの側面の科学のこと。


メールマガジンで発行したものを、こちらに転載しています。
ぜひご登録ください。

【無料】メールマガジン(毎月1日発行)​※配信は「まぐまぐ」
三橋美穂がお届けする、新時代の「生きるヒント」と「眠りのヒント」

165. 睡眠に対する意識=生への意識

(2022/08/01)

日本の睡眠科学者には、2大天才と呼ばれている人たちがいます。一人は世界トップレベルの睡眠研究所、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の機構長、柳沢正史教授。もう一人は東京大学大学院 医学系研究科システムズ薬理学教室の教授で、理化学研究所のチームリーダーでもある上田泰己氏です。

 


柳沢教授は「オレキシン」という覚醒物質の発見等で、ノーベル医学賞候補として注目されてきました。文化功労者であり、紫綬褒章、ベルツ賞、朝日賞など、数々の受賞歴もある方です。


上田教授は学生時代にソニーコンピュータサイエンス研究所で細胞シミュレーションシステムの開発をしたり、27歳で理化学研究所のチームリーダー(教授同等のポジション)に就任。体内時計の解明や、臓器・全身を透明化する手法の開発等、あまたの功績や受賞歴があります。

 


そして、この天才2人が時を同じくして開始したのが「睡眠健診・検診」事業です。うつ病や統合失調症、アルツハイマー病などの
精神疾患や中枢神経疾患、発達障害は睡眠に異常が現れることが多いため、睡眠を把握することは疾患の診断や予防、治療につながります。

 


「睡眠健診」の背景として上田教授が挙げたのは、中枢神経疾患の創薬は極めて困難であること。50~70年前から進歩しておらず、開発の仕組みを根本的に変える必要があると考えたそうです。

 


そこで、誰でも簡単に使えて、安価で正確に睡眠が測定できる腕時計型のデバイスを、5年の歳月をかけて完成させました。なぜ5年も要したかといえば、睡眠障害の検知に欠かせない中途覚醒を正しく検出するためです。


脳波や筋電図で測る睡眠ポリグラフィ装置のデータを100%とした場合、覚醒を判定できる確率は、Apple Watch 54.1%、Fitbit 42.4%、Actiwatch 37.0% 。それに対し上田教授が開発した「ACCEL」は、アルゴリズムを用いて82.2%まで確率を高めました。これは驚異的なことです。


一方、柳沢教授が開発した計測器は「インソムノグラフ」という簡易脳波計です。電極を額と耳の後ろに貼って、睡眠時の脳波を測定してAIで解析。医師のアドバイスや改善アドバイスを加えて利用者にレポートするサービスを展開しています。脳波を測定するため、睡眠の質も含めて臨床レベルの精度で評価できるのが強みです。

 


首都圏の施設を通じて睡眠計測サービスを利用した100人のうち、睡眠に大きな問題がなかった人は19%にとどまったそうです。実に5人に4人は改善や治療が必要だったのです。


睡眠不足や睡眠障害はメンタル不調だけでなく、肥満や高血圧、脂質異常症、糖尿病、認知症のリスクが高まることもわかっています。睡眠を客観的に知り、必要なアドバイスを受けることは、健康寿命の延伸につながっていくでしょう。


これまで現代人は、忙しさゆえに睡眠をなおざりにしてきました。日本人は世界一睡眠時間が短いことで知られており、慢性睡眠不足は勤労世代の約半数にのぼります。


上田教授は「睡眠は基本的人権の一つである」と述べています。小学生のときから「人間とは何か」「自分とは何か」を問い続ける中で、医学部進学を決めた上田教授ならではの本質的な観点に感銘を受けました。


柳沢教授も「なぜ眠らないといけないのか」「なぜ眠くなるのか」という本質的な課題に取り組んでいます。簡易脳波計で取得したデータはクラウドに保存されていくので、そのビッグデータを活用して、さらなる解明が期待されます。


これまで睡眠は過小評価されてきました。簡便かつ正確な睡眠計測が「健康診断」の一部として急速に広がっていくことで、人々の睡眠に対する意識=生への意識がトランスフォームするのではないかとワクワクしています。


商業至上主義の「睡眠負債大国」から、健康な睡眠がとれる「ゆとりある社会」へ、今後の変貌が楽しみです!