​眠りの悩み別 快眠アドバイス

枕が合わない

あお向けのときに、立ち姿勢に近い状態が保てる枕を選びましょう。

首がスッと伸びて 呼吸がスムーズにできる枕がベストです。

下記に当てはまる項目はありませんか。

□ 朝起きると、首や肩がこっている

□ 寝ている間にい枕を外してしまう

□ あお向けで寝ることはない

□ 寝ている間に枕を外す

□ いびきをかく

□ 首のしわが気になる

□ 口呼吸になっている

ひとつでも当てはまれば、枕が合っていない可能性があります。

【合わない枕:枕が高すぎ&首の支えがない】

ひとつの袋に中素材が詰まっている枕は、首の支えがなく、後頭部が持ち上がり、喉元が詰まってしまいます。

・気道が狭くなるので呼吸が浅く、イビキをかきやすい
・首や肩の筋肉が引っ張られるので、首や肩がこる
・首のシワ、二重あご、ストレートネックの原因に

・あお向けは苦しいので、横向きで寝ているケースが多い

【合わない枕:頸部が高すぎる

首の盛り上がりが強い枕は、後頭部が平らぎみの日本人は、首が押し上げられ圧迫されてしまいます。寝た瞬間に「首すじが伸びて気持ちいい」と感じる枕を一晩すれば、朝は首が痛くなってしまいます。寝ている途中で枕を外してしまうのは、合っていない証拠といえます。

【合わない枕:枕をしない

頭部が心臓より下がるので、顔がむくみやすくなります。首が浮いて頸椎や筋肉が緊張し続けるので、首の疲れてしまいます。首のカーブが浅い人は、枕を使っていないケースが多い印象です。今は低めの枕もありますから、体型にあわせて選びましょう。

【合っている枕(あお向け)

あっている枕は、立っているときの姿勢に近く、首もスッと伸び、呼吸がスムーズです。
枕をしていることを忘れるくらい体と一体感があり、
全身がリラックスします。

あお向けであわせたら、次は横向きをチェックします。

【合っている枕(横向き)

睡眠中は筋肉がゆるむので、真横90度に寝ることはありません。背骨から頭にかけてのラインが、ほぼ真っすぐかどうかを確認しましょう。
枕の両サイドが少し高くなっていると、あお向けと横向きのどちらの姿勢でも楽に眠れます。

【合わない枕:枕をしない

枕をしないと、首がくの字に曲がって、頸椎や肩まわりの筋肉に負担がかかります。



睡眠中には20~30回寝返りをするので、あお向けと横向き、寝返りのしやすさをチェックしましょう。

見落としがちですが、マットレスの硬さは枕の高さに影響します。お店で試すときは、自宅の敷き寝具に近い硬さのマットレスの上で、ベストな枕を見つけてください。

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter