​眠りの悩み別 快眠アドバイス

冬の寒さで

​眠りが浅い

寝室のヒートショックに注意!

エアコンやヒーターを使って18℃以上を保つようにしましょう。

寝室が寒ければ寝具の量を増やせばいい、そう思って寒さを我慢していませんか。 実は冬の寒い寝室は、浴室と並んでヒートショックが起こりやすい危険な場所です。

 

ヒートショックとは、急激な温度変化により血圧が大きく変動することをいいます。心筋梗塞、心臓麻痺、脳梗塞などを起こす危険性があり、年間1万人以上が命を落としています。

 

睡眠中は布団の中の温度は約33℃になります。夜中にトイレに起きるときに、寝室が10℃だとしたら、その差は実に20℃以上。ヒートショックを起こしやすいのです。エアコンやヒーターを使って18℃以上を保つようにしましょう。

部屋が寒くなる一番の原因は、窓にあります。室内の温かい空気が窓際で冷やされて、床に滞留します。冷気を防ぐには、窓の断熱が効果的。断熱シートを貼ったり、断熱カーテンを床までかけて、冷たい空気は窓際でブロックしましょう。予算が許せば、内窓をつけて窓を二重にするのは効果が高い方法です。
 

寒いからといって掛け寝具を増やしすぎると、寝具の重みで体が圧迫されて、かえって血行が悪くなってしまいます。掛けるものは2~3枚にして、あとは敷き寝具の保温性を高めましょう。ウールやキャメルの敷きパッドを使ったり、敷布団を2枚重ねたり、アルミシートを敷き布団の下に敷くと、保温性が高まります。

 

寝るときに布団の中が人肌くらいに温まってると、寝つきがよくなります。湯たんぽや布団乾燥機を使って、あらかじめ温めておきましょう。電気毛布を使う場合は、事前に温めておき、寝るときにはスイッチを切りましょう。つけっぱなしは深部体温が下がりにくくなり、睡眠が浅くなります。ます。

 

寒がりの人は、背中の保温性を高めるようにしてみてください。横向きになったときに、背中と掛け布団のすき間から冷気が入りやすいからです。対策は、肌着の内側にフェイスタオルを入れるだけ。タオルの上部は首元から外側に折り返して固定し、下部はパジャマのズボンの中に入れます。これだけでグンと熟睡感がアップします。

米カリフォルニア大学の研究では、睡眠時間が5時間未満の人は、7時間を超える人と比べて、2.6倍ウイルス感染率が高いと報告されています。睡眠不足に気をつけて、冬も健康な毎日を過ごしましょう。

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタ.jpeg
Twitter