• 三橋美穂

16. 見えないところを片づける

(2010/03/01)



前回、「頭の中が騒がしくて思考がグチャグチャしているときは、部屋の中もグチャグチャと散らかっている」と書きました。部屋が片づいているときの睡眠は、いつもより心地いいことを感じられたのではないでしょうか。

部屋を片づけることのワンランク上は、目につかないところもクリーンナップすることです。例えば、家の中では押し入れの奥や、天袋の中。普段は目につかない場所ですが、そこに不要なものがあったり、片づけた方がいいことを、私たちは薄々知っています。他のことをやっていても、その引っかかりが、実は少なからず(意外と大きく)影響しているのです。

次はお金をクリアーにします。どの銀行にどれだけの預金があるか、負債額、証券など、お金にまつわることを、すべてノートに書きだしましょう。友人から借りて返していない、もしくは貸したのに戻ってきていないお金もすべて書き出します。そして、それをどう整理するかを明確にして、コミュニケーションが必要な相手に、きちんと連絡をとりましょう。

「お金を稼ぎたい!」と思っていても、自分のお金の現状を把握していなかったり、借りているお金を見て見ない振りをしていたら、現実のお金を効果的に扱ったり、生み出したりすることはできません。自分に矛盾があるからです。

次は、やろうと思いながらも、やらずに引きずっていることや、お金以外にも借りっぱなしになっているもの、返事が必要なのにしていないことなどを、ひとつずつクリアーにしていきましょう。

見える場所も、見えない場所も、すべて含めた自分のスペースがクリアーになると、ものごとが効果的に動き出します。もともと宇宙は整然としていて、クリアーだからです。自分と宇宙とのアラインメント(整列)が生まれたら、成果が出るのは当たり前! 面白いくらいに、自分が(宇宙が)意図する方向へ動き出します。

宇宙の一員としてのあなたで、クリアーなマインドで眠りに入ったら、眠りの質もランクアップすること、間違いありません。

Copyright ©Sleepeace Ltd. All rights reserved.
※本サイトに掲載された記事の複製に関しては、スリーピース(代表者:三橋美穂)の許可を必要とします。

インスタアイコン.png
Twitter