• 三橋美穂

166. 生と死は一つのサイクル

(2022/09/01)



5月半ばに宣告された愛猫ケイの扁平上皮癌。余命は2~3か月と言われましたが、あれから3か月半が過ぎました。



最初の1か月は病気を忘れるくらい、それまでと変わらず過ごしていました。ホメオパシー効果だと喜んでいたら、6月の終わりに吐血や痙攣をおこすようになりました。よく見たら右側の頬が膨らんでいて、腫瘍が大きくなっているのがわかりました。



ご飯もお水もとらずグッタリしていて、もう長くないことを覚悟しましたが、ホメオパシーのセラピーと生活アドバイスを実行したら、急激に回復して驚きました。キッチンの高さ90cmある天板にヒョイと飛び乗り、おもちゃで遊ぶ姿を見たときは、魔術のようでした。



7月22日には16歳の誕生日を迎えることができました。これを1つの目標にしていたので、うれしかったです。でも、頬の膨らみは次第に大きくなっていき、目から出る粘性の涙と、口の周りの膿交じりの唾液を蒸しタオルで何回も拭くのが、日課になっていきました。



8月に入るとご飯をほとんど食べなくなって、急激に衰弱していきました。一日中、クローゼットの中の寝床でグッタリしていて、あと1~2週間で見送ることになるかもしれないと覚悟したほどです。



ケイをさすりながら、

「よくがんばったね。

 もういつでもいいからね。

 ケイがいいタイミングで向こうに帰っていいからね」

と声を掛けました。



でも、ご飯を差し出すときには

「少しでも食べてくれたら」と毎回祈るような気持ちで、食べないとガッカリしている自分も見えました。



ある日、いつもと同じようにご飯をあげて食べなかったとき、「ガッカリ」がない自分に気がつきました。どうしたのかと思って自分を内観したら、鼻歌をうたっているような軽い私がいたのです。「一日でも長く生きてほしい」という執着を、完全に手放している私でした。



するとどうでしょう。

ずっと寝たきりだったケイが、私が洗濯物を干していたベランダに出てきたのです!!

しばらく日向ぼっこをして、次はお風呂場を見回って、洗面所の戸棚の中でお昼寝をして、リビングのベッドの下でくつろいだり、段ボールに入ったりしていました。



びっくりした私はストーカーのようになって、ケイの後ろをついて回りました。私が軽くなったら、ケイが自由に歩きまわるようになったのです! 私たちはエネルギー的にはつながっていて、影響しあっていることを身をもって体験しました。



ご飯も食べるようになって体重が増え、小走りしているケイを見たときは、目を見張りました。それまでは、ヨロヨロふらふらと歩いていたからです。ケイを通して、数々の奇跡を体験させてもらっています。



そして、ケイに起こっていることに取り組むことで、私のスペース(器)は拡大し、胸が高鳴るような仕事の依頼が続きました。外側に起こることは、すべて自己の成長の機会。とくにネガティブな出来事は、成長を後押ししてくれます。



ケイはこのまま回復して元気になるかもしれないと思っていたら、4日前から突然食事を口にしなくなりました。急激に痩せてきて動揺しましたが、このまま見守る心づもりができました。



口の周りの粘液でベトベトに固まった毛を、蒸しタオルで丁寧に拭き取ってブラシをかけているとき、自分自身も癒されているのがわかります。この深遠な時間を大切にして、最期まで寄り添っていきたいと思います。



この世に生があるものには、永遠の眠りが訪れます。

その眠りから覚めたときに次の人生が始まります。

生と死は一つのサイクル。

次の転生でも、また一緒に体験しながら成長していこうね、ケイ。